カメラと

カメラと日常の覚書

一日一冊007 質問術は相談力?コミュニケーションの距離感『10秒で新人を延ばす質問術』

 

 

先日、図書館から借りてきた本、積読をこなす。

 

フリーランスなので、いろいろとトラブルになりかねないピンチも多い!!

コミュニケーション、相談力(新人だと質問力??)は大切。

 

 

まだ見ぬ後輩のためにも、ノウハウの蓄積は大切!!


相談や質問は


みんなで成果を出すために必要なこと。

 

 

 

 

 

WEB系の仕事をしたときに手順書もなく、メモを取らされたことがあって、結構大きいWEBメディアだったのにISOとか関係ないのか?っとびっくりした。

 

だいたい、人は忘れやすい生き物。

人に厳しくしていると、結局は自分も生きづらい。。。

 

 

こちらの仮説を投げかけてみて、相手の明確な要望を探ることが大切です。

相手の立場で考えさせる10秒間の訓練を繰り返ししていきます。仮に良い回答がでなければ、考えさせたあとに、正答を教えればいいのです。《中略》だんだんと回答できるようになっていきます。

 

 


叱られて必要以上に重く受け止めしまわないように


『叱ります宣言』

をする

 

自分の周りだけなのか?年齢とか関係なく、タメ口が良くも悪くもスタンダードになってきている。それゆえ最近の子(年齢。。。)は対応が急に変わったと思って反応してしまうのだろう。

 

 

次の3つの視点から、新人のミスや問題の原因を探ってみてください。

叱るときの目線

  1. 知識が足りないのか
  2. 行動が足りないのか
  3. 仕事に対するスタンスが足りないのか

 

この本の前半に『業務報告の作法』、『質問』することについての項目があるのだが、
この3点の視点はそちらにも必要にな考えだと思う。


『上手くいかない』とか『無理です』という風に漠然と報告、または質問されても何が起こっているのか?既に行った対策は何かあるのか?など、付随する情報を一切伝えてこないパターンが多い。

 

だいたい、仕事でも、社外の人なのにニュアンスがかなり軽い。
特に今はLINEやメッセンジャーなどが普及して、距離感がバグってしまっていると感じる。
対策として、ちょっと距離感を取る意味でも、できるだけメールで対応することにしている。

 


人間関係で悩む新人には「人」から「成果」に目をむけさせる


サラリーマン根性?会社主体の考えが透けて見えてきた感じがして、この項目はまったく理解できなかった。

人間関係、仕事内容が相まってだろうけど。。。

ストレスで胃に穴が開いてしまったり、倒れたり、入院したりという人が周りにいなかったわけではないので、成果にフォーカスしようが、気持ち良く仕事ができないことに関して妥協する必要があるのだろうか?

 

 

コンサルタント業の会社びいきを垣間見た?(笑)

企業研修の流れなのかな?ちょっと残念。

 

 

一日一撮007 高感度とノイズの世界!『アレ』って難しい。それじゃあなくて、荒れのことね(笑)

 

駅からの帰り道。

 

今日は『雨だったから、もういいかなー。』なんて投稿をあきらめていたのに、日付のリミットが近づいてくると燃えちゃうタイプ。

 

 

教会のライトに目が行った。

ある程度遅くなると消えちゃうのでこれもタイミング次第。

 


OM SYSTEMさん!というよりも、マイクロフォーサーズ(M4/3)の特徴の一つが高感度に弱いこと。
これは、撮り方ひとつでメリットでも、デメリットでもあるのだが。

 

そして、次期モデルも出てフラグシップの座を譲ったが、まだまだ現役のOM1!!
良くも悪くも中途半端(笑)

 

高感度ノイズがスゴイ荒く出て撮れちゃうときもあるし、落ち着いちゃって

『あれ?さすが新型!(もう今は次期モデルが出てるけど)
 フルサイズに迫ってる??』

と感じたこともあった。

 

今回もバックモニターでみたらいい感じに粒子が見て面白かったのだけれど、パソコンに取り込んだらそうでもなかった。
残念。。。

 

OM1Mk2は、もっとキレイになっているのだろうか?
キレイに撮るだけが面白みじゃないことを教えてくれたM4/3。

キヤノンをまだ使い続けてたら、ノイズなんて『悪の根源』だと思っていたハズ💦

危ない思想だよ。。。


高感度対策はそこそこでいいから、もっと楽しませてくれ(笑)

一日一冊006 写真の上達法:撮影と成長の両立『撮る人へ』

 

知り合いに教えてもらった著者の本、探していた本が手元に届いた!

『撮る人へ 安友志乃』

 

アマゾンでは見つからず、図書館のデータベースで発見。

廃版・絶版してしまったり、プレミア価格がついてしまっている本など。

 

盲点だったが、図書館は本当にありがたい!!

 

 

撮ったら見せる、これは写真の上達の方法であるとともに、人間的な成長なのだ

 

撮りたいものを撮る!!というのも大切だけれど上達、成長とは角度が違ってくる。

自分よがりではなく、見る人のことも考えた撮影、投稿方法。

 

続けよう、一日一撮。

ブログ投稿!!

 

 

ryo-camera.hatenablog.jp

 

 

 


写真が売れない理由
身銭を切って、その一点を選ぶ行為を実際やってみること

 

なぜお金を払って買ってもらえたのか?
頭だけで考えるのではなく、経験を持って体感していくこと。


考えても気づかない点が多いのだと思う。

写真館で撮影をしていると、どんなに素敵に撮れた!と思ってもお客様の都合?が働くことがある。

例えば、写真のセレクト担当に『お客様の反応はどうだったか?』と聞くと、こんなコメントをもらうことも意外と多い。

『写真を見た時の、反応は良かったんだけれど。。。もともと購入する予定の枚数やアルバム(価格帯含め)も決っていたみたいで商品説明もできませんでした。。。。』

そう思えば逆に、いつも通りつつがなく撮影が終わっても、アルバムを2冊も購入してくれることがある。

 

作家側の度量(都合?)と購入者側の度量(都合?)が交差するところに、何か魔物がいるのだろう。。。

 

 

 

ポートフォリオなんて外見なんだけど、外見が良くなることで素敵に見えるなら、そういうポートフォリオをいっそ作った方がいい

 

 


見せたくなるポートフォリオ

これは人間の見た目も同じですね。
なんちゃら効果


おじさんからよりイケメンから買いたいとかと同じ。
少しでも良くなるように、エステ。。。行く?💦

 

 


値段を付けたことのない人の作品には美術品としての緊張感がありません。
《中略》
作品は美術品である、ということを認識してもらう一番の早道、という部分があるからです。

 

確かに!!
機材も値段を聞くと、ナゼだか急に触りたくなくなるモノってある。。。
そのものに意味を持たせるラベリングって大切。

 

プリントにはランクがある
作品という美術品としてのプリントにはどんなランクがあるのか


写真展に行って、違和感を感じたことがある。
作家さんが無くなった後に、プリンター(印刷業者)が変わっての展示だった。


色々な事情が相まって変わったのだろうけれど、期待して行った展示とは違った寂しさを感じた記憶がある。

やはり、一番は作家さんが活躍しているうちに、作家さんがプリントにもかかわっている展示を見に行くことだ!!

 

テキストはそこに書くに値する作品がなければ書くことができないのです。
つまり、テキストを書く作業は作者自身が自分の作品を客観的に突き放してみることのできる、唯一の手段だと私は思っているのです。

 

SNS投稿やグループ展ぐらいですが、テキスト、タイトルも合わせて苦手です(*'ω'*)


ただし今回、読んでいて今まで以上にその重要性が分かった。
『なぜ、その写真を撮っているのか?』
テキストによって、『より』深く理解してもらうために必要なのだ。


撮影と同等、もしくはそれ以上を求められる。
諸刃の刃なのだ。

 

文章をつづる練習のためにも、ブログを続けよう。。。

年が変わる頃までには、うまくなるかなぁ💦